全米ヨガアライアンスはインストラクターに必要?

全米ヨガアライアンスはインストラクターに必要? ヨガのインストラクターをしているなら全米ヨガアライアンスも出来れば必要です。
ヨガアライアンスとは世界70ヵ国で通用するヨガの認定資格を授与する米国の非営利団体のことで、1990年代に2つのヨガ団体が合併して出来た世界でも知名度が高い協会です。
発足するまでは世界に多数あったスクールやスタジオ、ヨガのスタイルでそれぞれ資格がありましたがこれは世界共通のものではありませんでした。
それと比べて全米ヨガアライアンスは世界で初めて世界70ヵ国の共通の水準を決めた資格で、国際ライセンスのようなものです。
定められたカリキュラムを修了すると、この協会に認定されたインストラクターになれます。
最低限は必要なスキルの水準を定めていて心得や知識などを得るには、最初の入門の資格としても最適です。
RYSやRYTの表記がされていると協会の認定を受けている証になり、ヨガスタジオ、スクールの水準を図る目安として使う事も出来ます。

ヨガアライアンスで資格取得したインストラクターは

ヨガアライアンスで資格取得したインストラクターは 走ったり筋トレをしなくても、着実にカロリーを消費して体の内側から老廃物を輩出しようと促す効果が期待できるヨガは、健康や美を得るための手段として女性を中心に人気があります。
特に美意識が高いモデルに注目を集めてからは日本で知名度があがりました。
もちろん海外ではすでにヨガは根付いており、基礎から学びたいと考える人は多いです。
そこでヨガを教えるインストラクターを養成するヨガアライアンスという協会が全米には存在しています。
ヨガアライアンスで資格を取得したら、全米でインストラクターとして活躍することができるだけでなく、世界各国でも働くことができます。
日本人でもヨガアライアンスで資格を取得して、多くの人に教えることを実行しています。
講座を受講して確かな技術を取得しているので信頼感がありますし、資格を得ていることで集客力につながります。
活躍の幅が広がることで、ヨガはさらに身近な存在になり生活に取り入れられるような存在になるでしょう。

新着情報

◎2019/9/26

資格で活躍の場は増える
の情報を更新しました。

◎2019/6/19

ヨガアライアンスのメリット
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ヨガ 全米」
に関連するツイート
Twitter